階段や坂で心掛けたいこと

昨日は家族と貴船・鞍馬を散策してきました。

 

 

 

 

 

 

晴れたり曇ったり、散策にはちょうど良い天気

ここはずいぶん涼しく、長袖を着ていてちょうど良いくらい

緑がとても美しかったです。

 

さて、貴船も鞍馬も京都市内とは言え

街からかなり離れた山の中

坂や階段が多いです。

今回はたくさん歩くつもりで洋服で来ましたが、

歩き方はきものの時の歩き方で…

 

「きものの歩き方」なんていうと

内またで歩いてる👀 って想像してませんか?

「脚の後ろの筋肉を意識して歩く」ですよ~ ٩(๑>◡<๑)۶

 

お尻をキュッと引き締めながら、

動かさない方の脚にしっかり体重を乗せ、

反対側の足を一歩踏み出す。

踏み出した足をしっかり地面につけてから

そちらの脚に体重(重心)移動し、

今度は後ろに残った足を前に出す。

 

更に❣

階段や坂を下りるときは

前(下)へ踏み出す足は、

卵の上に足を載せるようにそ~っと置きます

 

道に卵は落ちてませんし、

わざわざ踏むようなことはいたしませんが(((╹д╹;)))

卵をつぶさないくらい「そ~ろと」足を置くわけです

 

そしてそのためには

体重(重心)をかける方の後ろの脚にしっかり乗って、

その足を曲げながら、前に出した足を一段下へ着地させる

一段下へしっかりと着地させないうちは

体重を前の足に移動しません!!

↑ここ大事なポイント

 

下へおろした足を着地しないうちから

体重移動してしまうと

着地するときにドンと膝に衝撃がきます

ドン ドン ドン と膝に負担をかけながら

くだっていくから

そのうちに膝が笑いだすんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

下へおろす足はそ~ろと着地!

そうすれば膝に負担もかからないでしょ。

 

 

 

 

 

 

普段の生活でも坂や階段はありますよね。

膝に負担をかけない歩き方、

お試しください٩(✿╹◡╹✿)۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。