いったん止まる

運転免許の更新に行ってきました。

ペーパードライバーの私も

運転者講習は受けないといけません。

講習の話の中、

「いったん止まりましょう」というのがありました。

 

『電話がかかってきた。

メールが入ってきた。

ナビで場所を確認したい。

 

そんな時は運転しながらではそちらに気が取られ、

周りに十分な注意を払えないので

一旦止まって操作しましょう、

いったん止まることにより、心にも余裕が出てきます』

そんな話でした。

 

これはどんなことにも当てはまりますよね。

二つのことを同時進行させると注意力が分散されるし

丁寧にも見えません。

 

例えばご挨拶するとき。

話しながら何度も頭を下げる方がいらっしゃいますが、

なんだか落ち着きませんし、

私の方を見ることなくお辞儀をされても…

しっかり相手の方を見ながら挨拶の言葉を述べ、

よろしく…「お願いいたします」…くらいで頭を下げるほうが、

私のことを認め、丁寧に扱われているようにも感じます。

 

また、話や振る舞いも

止まることなく延々と続くより、

所々で程よい間があった方が美しいです。

「間」、ほんの一瞬止まること

それによってリズムが生まれます。

 

呼吸を意識しながらの動作、

息を吐きながら動き、

吸う一瞬止まる、

呼吸のリズムで振る舞えると美しいといわれます

 

忙しく動いて心を亡くさないためにも

一瞬止まって

心に余裕を持てるよう心掛けたいものです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。