きものと石段

昨日、長岡京であったコンサートへ行った後、長岡天満宮へお詣りに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑がとても美しい。

日陰に入れば、だいぶ涼しい時間帯。

緑に囲まれると安らぎます。

 

ところで本殿へ向かうには階段が…

しばらく続く石段でしたが、

着物でも上がりやすかったです。

 

神社や古い駅などで階段を上がり降りするときに、

一段の高さが低くてめんどくさく、

一段飛ばしで上がった経験ありませんか?

 

一段一段が何でこんなに低いのだろうって

思ったことはありませんか?

古い階段、昔に作られたというのがヒントです!(^^)!

 

日常着がきものだったころに作られた階段、

着物を着ていて、足の上げ下ろしにちょうどいい高さなんだそうです。

着物を着ていると歩幅が狭くなりますよね。

上げ下げもそんなにはできません。

 

洋服を日常着とするようになり、

身体の自由が大幅に変わり

脚の可動範囲も広がりました。

それに伴い、階段の段の高さも高くなったようです。

 

着物を着てビルの中や新しい駅の階段を上がる時、

着物の裾から足が出てしまいます💦

 

天満宮の石段は着物で上がるには歩幅も高さも

ちょうど良い具合💛

登りながら以前聞いた話を思い出しましたので

ご紹介してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。