制作中の振り袖にうっとり✨

今日は京都 西陣 千両ヶ辻、

京友禅作家 南進一郎先生の工房にお邪魔してきました٩꒰。•◡•。꒱۶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の生徒さんである弘美さんの お嬢さんの振り袖を

南先生が制作されているんです。

以前、下絵を見せていただいたことがあるのですが、

工程はどんどん進み、地色が染め上がり

そして今回彩色が終わったとの事

 

 

 

 

 

 

 

 

画像ではきれいな色が再現できていませんが、

地色は本当に美しい深い緑色。

渋いながらも柄が大きく華やかでした。

描かれている柄、御所車、文箱、和本、桜、梅、牡丹…

それぞれに意味があるそうです。

弘美さんとお嬢さんのいろいろな想い、

南先生のアドバイスを受けながら決められたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは彩色中の弘美さん。

少し余った生地に振り袖と同じ柄を。

こちらは額に入れて飾るそうです。

いつかお嬢さんが振り袖を持ってお嫁に行かれても

こちらの額のは弘美さんが手元において

いつでも眺めることができるんです♡

 

振り袖も額用の絵も彩色が終わったので

これから色を定着させるための蒸し、

洗いなどの工程へ移るんだとか。

模様の縁取りが今はグレーなのですが

その部分が白くなって戻ってきたら

更に柄部分が引き立ってくるそうです。

そしてそのあと金彩✨

ますます楽しみです♡

 

振り袖が少しずつ出来上がっていく工程は

弘美さん南先生のFacebookでも紹介されてます。

とても素敵なので ぜひたくさんの方に知っていただきたく

今日は紹介させていただきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。