少しずつの積み重ね… 脚の話

先日行った都をどり、

芸妓さん、舞妓さん方の踊りを拝見してましたら、

やはり軸がぶれず、とても美しかったです。

 

特に踊りながらの立ち座り、

上体が揺らぐことなく

すーっと真下へ沈んでいき、またすーっと真上へ伸び上がる。

いとも簡単にされているように見えますが、

結構大変なんですよ。

 

しぐさ美人のレッスンでもこの立ち座りができるようなトレーニングをするんです!

 

トレーニングと言えばスポーツ選手を思い浮かべるのですが。

スポーツ選手って筋肉が発達していて太ももとか太かったりしますよね。

一方やはり体を鍛え体を使うバレリーナ、女性の脚はすらりと伸びて細いです。

 

スポーツ選手とバレリーナでは何が違うのでしょう(。ŏ_ŏ。)

鍛える筋肉の箇所が違うのです。

体を鍛えがっしり太い脚は 脚の前の筋肉を鍛えているから

そしてバレリーナのように細く見えるのは、脚の後ろの筋肉を鍛えているから。

 

日本人が毎日着物で生活していたころは

自然と脚の後ろの筋肉を使っていたそうですよ。

帯がコルセット替わりになっていて、

自然と体の軸が整っており、

だらりと姿勢が崩れるようなこともなかったんでしょうね(^^)/

 

草履ではなく靴を履くようになり

いつしか脚の前の筋肉を使うようになって、

そうなると筋肉が弱ると膝に負担がかかり膝を痛めてしまう、

そして痛めた膝をかばおうと姿勢が崩れ、

今度は腰に負担がかかるという悪循環。

 

脚の後の筋肉を常に使っていると

年をとって筋肉が弱ってきたとしても

膝に負担がかかるということはありませんね。

 

【SBMしぐさ美人】メソッドのトレーニングは

きものを着た時はもちろん、

普段の生活でも役に立つことがたくさん

嬉しいことです♡

 

さあ、また隙間時間にちょっとずつ

トレーニング、がんばりましょう♪

意外? ヨガとの共通点

先日ヨガをしている生徒さんとのおしゃべりの中、

ヨガでの動き と 挨拶の仕方に

共通点を発見しました。

 

貴女は前屈、得意ですか?

床に手あるいは指先だけでもつきますか?

 

私は学生の頃から前屈が苦手なんです、

一時は頑張って毎日ストレッチなどをして

何とか指先が床についてたんですが、また今は…(^^;)

 

貴女は前屈の時どんなふうにしますか?

私はいつも、とにかくなんとか指を床に

近づけることばかり考えてました。

そうなると、身体の形は逆U字型

 

それがダメなんですって。

ヨガお得意の生徒さん曰く、

まず、膝を曲げても良いから

「おへそを太ももにくっつける」

ことを意識しながら上半身を前へ倒し

息を吐きながら徐々に膝を伸ばしていくのが

良いのだそう。

 

ヨガのポーズで出てくる前傾姿勢の時も

おへそをくっつけるように倒していくのだそうです。

 

👀 あ~ 一緒だわっ♪  オ ・ ジ ・ ギ

 

そう。お辞儀の時のポイントと同じなんです。

 

貴女はお辞儀をするときどのようにしますか?

頭から下げ始めてはいませんか?

 

頭から下げ始めると背中が丸くなってしまい

美しくはありません。

それにもう一つ、頭から下げると…

視線が相手からすぐそれてしまいますね

 

挨拶するときはおへそから

視線、そして胸から上は相手へ向け、

おへそを太ももにくっつけるように倒していきます

 

徐々に上半身が前へ倒れていき、

最後に顔を下げながら視線をすーっと落とす

相手に想いを残しながら視線を落とします

この最後の「視線を落とす」のが難しいですけれどもね(^^;)

( 注:これは座って挨拶するときです。

立ってする挨拶もおへそをくっつけるまでは同じですが、

その後の身体の動かし方は変わってきます)

 

挨拶の、視線の話にそれてしまいましたが、

体の倒し方にちょっと戻りましょう。

 

ダンスや運動でも?

体をまっすぐにして立っている位置から

そのまま90度に前へ倒すと

バランスが崩れ、前へ倒れてしまいますよね。

でもこの時もおへそをくっつけるようにしながら

上半身を倒していくと、

お尻が後ろへ突き出すようになり、

横から見たらT字に似た感じになってバランスもとれ

倒れませんね。

 

体を前に倒すときはいつもおへそから!

がいいのではないでしょうか

今日のキーポイントでした(^^)/

立ち上がるときも…美しく

地下鉄で向かいに座ってらしたお嬢さん、

後にもたれることなく、

とても姿勢よく座っておられました

見ていてとても気持ちいいくらい。

どこにも力が入らず、いつもきれいな姿勢なんでしょうね。

素敵でした✨

 

私も椅子に座るときは深めに座って背もたれに添うか、

もたれずに背筋を伸ばして座るよう心掛けています。

そして最近、もう一つ気を付けていることがあります。

それは… 立ち上がるときの様子。

 

美しい姿勢で座っていても

立ち上がるときに手をついたり、

前かがみになって

よっこいしょって立ち上がると

なんだか残念な感じ、しませんか?

 

上半身をかがめたり前に倒すことなく、

まっすぐ上へ、すーって伸び上がりたいもの。

どうやっているかって?

 

両足そろえて座っているでしょ?

片足を少し後ろへ引いて、

立ち上がる時に

お尻と太もも裏をクっと引き締める感じで立ち上がります。

 

どうですか?

綺麗に立ち上がれると思いませんか?

この時あまり椅子に深く腰掛けていると難しいかもしれませんね。

 

ヒップアップ効果ないかしら?

なーんて思いながら続けております٩꒰。•◡•。꒱۶

体験レッスン 一番初めにすることは…

「え~ なんだか後ろへ倒れるような感じです」

「正しい姿勢って思ってたより後ろだわ👀」

今日体験レッスンに来られた方の感想第一声。

 

体験レッスンに来てくださると必ず初めにすることがあります。

それは…  姿勢チェック!

 

なぜだと思いますか?

正しい姿勢で優雅に振る舞うと美しいですよね。

もし、身体が歪んでいたら… ?

 

想像してみてください。

体を大きく左へ傾けた状態で

優雅に振る舞ってみる。

なんだかぎこちなくなりませんか?

 

貴女は足を組みますか?

立っているときにどちらか一方に体重をかけていませんか?

かばんを肩にかけるとき、どちらにかけますか?

 

毎日の何気ない動作やクセにより

体の軸は多かれ少なかれズレていることが多いです。

軸を正してあげないと、

流れるような美しい振る舞いは難しいですよね。

 

しぐさ美人メソッドでは

体のずれに気づく、軸をただし姿勢を正すところから始まります❣

都をどりとお花見

今日は生徒さんと都をどりへ行ってきました。

「初めて見るんです♡」と、とても楽しみにしてくださってたご様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはお茶席へ。

 

 

 

 

 

 

海外からのお客様が例年以上に大勢来られてるように思いました。

団体ではなく、ご家族で、ヨーロッパからお越しの

赤ちゃん連れや小さなお子さん連れの方が多くびっくりしました。

 

さて、いつもは祇園にある甲部歌舞練場での公演ですが、

歌舞練場耐震工事のため、

今年は京都造形芸術大学内の春秋座での公演。

春秋座の舞台装置ならではの演出もありました。

 

舞妓さん達可愛らしく、芸妓さん方はしっとり美しく、

舞はもちろんお囃子や舞台のセットなども楽しんできました。

2階席後方端でしたが、十分に楽しめました。

 

公演の後、外へ出てきたら青空も見え、

来た時よりずいぶん暖かく、

そこで哲学の道へ向かうことに♡

 

昨日の雨や風で桜もだいぶ散ってしまっているかと心配しましたが、

まだまだ美しく、散り始めたばかりでした。

こちらでも海外からの観光客が多く、

一緒に写真を撮らせてほしいと頼まれたり、

私たちの写真撮影している姿を同じように撮りに来られたり(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かいのと美しいのとで気持ちよくって

ずいぶんと長いお散歩

早く着物を着てお出かけしたいとおっしゃっていたHさまも

今日一日とても楽しんでくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の帯、二胡を弾いている童女❣ とても可愛かったです。

 

 

次回のお出かけイベントは

5月15日「葵祭&ランチの会」

貴女も一緒にいかがですか?

詳細はこちら

葵祭&ランチの会お申し込みはこちらから