都をどりとお花見

今日は生徒さんと都をどりへ行ってきました。

「初めて見るんです♡」と、とても楽しみにしてくださってたご様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはお茶席へ。

 

 

 

 

 

 

海外からのお客様が例年以上に大勢来られてるように思いました。

団体ではなく、ご家族で、ヨーロッパからお越しの

赤ちゃん連れや小さなお子さん連れの方が多くびっくりしました。

 

さて、いつもは祇園にある甲部歌舞練場での公演ですが、

歌舞練場耐震工事のため、

今年は京都造形芸術大学内の春秋座での公演。

春秋座の舞台装置ならではの演出もありました。

 

舞妓さん達可愛らしく、芸妓さん方はしっとり美しく、

舞はもちろんお囃子や舞台のセットなども楽しんできました。

2階席後方端でしたが、十分に楽しめました。

 

公演の後、外へ出てきたら青空も見え、

来た時よりずいぶん暖かく、

そこで哲学の道へ向かうことに♡

 

昨日の雨や風で桜もだいぶ散ってしまっているかと心配しましたが、

まだまだ美しく、散り始めたばかりでした。

こちらでも海外からの観光客が多く、

一緒に写真を撮らせてほしいと頼まれたり、

私たちの写真撮影している姿を同じように撮りに来られたり(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かいのと美しいのとで気持ちよくって

ずいぶんと長いお散歩

早く着物を着てお出かけしたいとおっしゃっていたHさまも

今日一日とても楽しんでくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の帯、二胡を弾いている童女❣ とても可愛かったです。

 

 

次回のお出かけイベントは

5月15日「葵祭&ランチの会」

貴女も一緒にいかがですか?

詳細はこちら

葵祭&ランチの会お申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。