美しくなるためには、土台って大切ですよね!

今日はKさんが着付けのレッスンに来られました。

Kさんおひとりだったので、

苦手な肌襦袢・補正・長襦袢までをまずはしっかり復習。

1度目着た時に着にくそうで

着付けてる時も崩れやすい。なぜ?

Kさんの肌襦袢が綿素材でなく化繊で滑りやすかったのです。

試しに私の綿の肌襦袢を着てもらうと、

「しっかり安定して着付けやすい」と実感していただけました。

 

他にも腰ひもの話。

私は綿、化繊、絹の三種類の腰ひもを持っています

でもいつも使うのは綿!

やはり綿だと滑らずしっかり留まるのです。

こちらも手触り比べてもらいました。

 

私が持っているのは幅3cmの腰ひもばかりですが、

以前知り合いが幅5㎝のをつかってました。

いいなあ。

腰ひもも単にくくればよいのでなく、

しっかり広げて面で襦袢や着物を抑えたほうが

しっかり留まるし体も痛くならないし。

 

腰ひもはくちゃくちゃのままにしておかず、

ぜひしわを伸ばして広げて使ってくださいね

そんな話をしながら、

Kさん今回は3度襦袢を着なおして

土台をしっかり整えてから

着物→帯へと進まれました。

とってもきれいに着られましたよ。

 

写真は載せないでねとの事でしたので

今日は報告のみです

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。