きものと山登りの共通点 歩き方のコツ!

5h3a8752-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc昨日のブログで、草履で歩くにはちょっとしたコツがあると書きました。

膝に負担をかけないこの方法。

なんと!このコツは山登りでも大切なんです( • ̀ω•́ )✧

 

まずは一般的な歩き方。

一歩進むとき、足を出しながら体も前に移動してますよね。

右→左→右→左img_20161006_155738

前に出した足につられて体の重心も前に進んでるんです。

そして足の裏の動きは、かかと→土踏まず→つま先へと

カーブを描くように地面に接してるはず。

 

草履をはいてこの様に歩けば踵と草履が離れてしまい

パタパタ音を立てながら歩くことになります。

 

ではどうするか。

足の指で鼻緒をつまみ、草履を持ち上げるのです。

草履は常に地面と並行、弧を描きません。

持ち上げた草履を前へちょっと出し、img_20161006_160344

草履が接地してから体の重心をそちらの足へ移動します。

前に出した足へ完全に重心移動してから後ろの足を動かします。

右→重心移動→左→重心移動→右→重心移動→左 となります。

 

この歩き方、前に足を出したときはまだ軸が後ろの足に残っています

山道で、特に下りの時この歩き方をすれば膝への負担が少ないのです。

前者のように重心移動させながら山を下ると

体重が、下りの衝撃と共に前へ出した足(膝)へとかかります。

何かにつまづけばバランスを崩してこけることもあります。

ですが、後者(草履での歩き方)をマスターしていれば、

前に出した足をしっかり着地させてから体重を移すので

衝撃はなく、膝への負担もありません。

 

さてこの歩き方、もっと正確に言えば

ある筋肉をしっかり使って歩くとさらに良いのです。

言葉で説明するのは難しいので、

興味を持たれた方はぜひ体験レッスンにお越しください。

10月体験レッスンお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

靴で足を痛めてませんか?~着物を着て良かったこと

img_20161005_211618合わない靴を履いて足を痛めることってありませんか?

私は長年、足に合う靴が見つからず困ってました

きものを着るようになり、草履を履いたらなんと楽なことか!

 

靴はつま先やかかと部分をしっかり覆っています。

きちんと合った靴であれば足を守ってくれるので良いのですが、

私の足は幅が狭く、特にかかとが細い!

幅広の靴が主流で、幅の細めのを買っても

足が前につんのめってしまい、

よって、指にタコができ、はれ上がる(*_*;

(運動靴は好みの服には合わないからねぇ…)

 

草履を履いたら足の指で鼻緒をつまむだけ。

歩き方にはちょっとしたコツがいるけれど

それさえ分かればいくらだって歩ける

 

靴のように足をカバーして守ってくれてはいないから、

他人に足を踏まれないように

気を付けないといけないけれどね(^_-)-☆

 

img_20161005着付けを習って着物を着られるようになったけれど、

上手く歩けない方、バタバタした動作になってしまう方、

しぐさ美人 京都葵教室でレッスン受けてみませんか?

身体をほぐし・整え・美しく振るまえるよう指導いたします。

 

10月体験レッスンお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

どこのランチ行く? @学園前

今日行ってきたおすすめのランチ!

近鉄 学園前駅すぐ

フランス料理 「食房エスト 」

セレクトランチ1600円

サラダ、ジュレ、スープ、メインのシチュー、パン、紅茶

メインは魚を選ぶこともできますし20161004%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88

もちろんライスやコーヒーも

追加でデザート400円も3種類から選べます!

私はプリンを♡

学園前へ行かれるならおススメですよ(#^.^#)

 

 

あなたのきもの、タンスの中で泣いてませんか?

041122_105620

「もうずいぶん長いこと桐のタンスを開けてないわぁ」

 

今日の交流会で私の着物姿にピッピッと反応された方。

聞けばお着物好きのようですが、

お母様に着付けを頼めなくなって以来

タンスを閉めたままのよう。

 

明日は晴れますからぜひ扉を開けて

風を入れてあげてください。

一度にすべての引き出しは無理でしょうから、

一段飛ばしで開けてあげ、しばらくたったら交代

 

もし、あなたが締め切った部屋に

ずーっと閉じこもっていたらしんどくなるでしょ?

きものも同じ。

 

きものや帯をたとう紙から出して

風に当ててあげるのが良いけれど、

一つ一つ出すのはなかなか大変。

でもタンスの扉、引き出しを

開けてあげるくらいならできるでしょ?

 

風を通して、きものたちを元気にしておけば、

あなたが着たくなった時、

あなたをいっそう輝かせてくれるはず。

 

今すぐ手を通さなくてもいい

ちょっとでもきものに心が動いたら、

着てみたいなと思ったら

すぐにタンスから出してあげてね

 

しぐさ美人 葵教室では体験レッスン受付中!

あなたの身体をほぐし・整え・美しく振るまえるよう指導いたします。

10月体験レッスンお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら